If var [not] between L and U

提供: AutoHotkey Wiki
移動: 案内検索

実行制御 | GUI表示 | 演算・変数 | メモリ・DLL操作 | 文字列操作 | キーボード | マウス | シェル | ウィンドウ | ウィンドウグループ
ステータスバー | コントロール | サウンド | ファイル | INIファイル | レジストリ | 環境変数 | AutoHotkey | その他 | 設定関係 | オブジェクト

If var [not] between L and U[編集]

変数の値が上限と下限の間にあるかどうかで分岐。

If Var between LowerBound and UpperBound
If Var not between LowerBound and UpperBound

Parameters[編集]

引数名 説明
var 変数名
LowerBound 下限
UpperBound 上限

Remarks[編集]

3つの引き数が全て数値の場合、比較は数値として行われる。
文字列が含まれる場合、文字コード順の順位で比較される。
文字列として比較する場合、StringCaseSenseで大文字小文字の違いを考慮するかどうかを設定できる。

Related[編集]

IfEqual/Greater/Less, if var in MatchList, if var is type, IfInString, StringCaseSense, EnvAdd, Blocks, Else

Example(s)[編集]

If var between 1 and 5
  MsgBox, %var% is in the range 1 to 5, inclusive.
If var not between 0.0 and 1.0
  MsgBox %var% is not in the range 0.0 to 1.0, inclusive.
If var between blue and red
  MsgBox %var% is alphabetically between blue and red.
LowerLimit = 1
UpperLimit = 10
InputBox, UserInput, Enter a number between %LowerLimit% and %UpperLimit%
If UserInput not between %LowerLimit% and %UpperLimit%
  MsgBox Your input is not within the valid range.